読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり、祭のあとの

祭がまたひとつ終わった。OBとして、出展者として初めて参加した稲門祭は、学生の頃通りかかった時とはまるで違って、それはそれは楽しく早稲田らしい祭典だった。

 
早稲田って学生は元気なのにOB会組織はイケてないと思っていたけど、それは多分間違いだった。損得勘定ではなくお酒や祭や友人の力がないと人とコミュニケーションが取れない早大生は、卒業してもいくつになってもそのまんまなんじゃなかなと(その集合体のOB組織なんだからキリっと体裁だけ整えるみたいな人脈イエーイみたいなことおいそれとできやしない)それを体感しただけでも、今年の稲門祭に参加した甲斐があったし、知見が溜まりまくったなと思う。まあそうこう言って、朝の10時から飲みはじめ、無礼極まりなくビールを売り飛ばしていただけなんだけども。