読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀座線の朝はインバウンド旅行者がすこぶる多い。特に浅草ー上野間。

今さっき、天真爛漫に車内を駆け回る2歳ぐらいの女の子を微笑ましく眺めていた。その子が車両間の扉を開けて出て行きそうだったので制したら、抱きついて膝の上にのぼってきた。ほんの1分ぐらい。余韻で動揺してる。一瞬で人を信頼する力、全身の愛情表現、通じない言葉、屈託無い笑顔。

電源を入れられたような、時空を超えたような、ピシッと叩かれたような、目の覚める余韻。恋愛のそれに似た驚きと嬉しさ。