読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インド帰国メモ

f:id:hsm2:20170329000832j:image

村の暮らしにはリアリティがあった。向こうにいるときはあまり意識していなかったけど、東京に戻って、街なかでかオフィスでか「ああ白々しいものばかりだな」とふいに気づき、頭から離れない。太陽の熱、木漏れ日、鼻歌。本当にそこにあるものごとだけに触れていたいよ。